猫とピアノと山のぼら〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲斐駒ヶ岳に登ってきました!

<<   作成日時 : 2010/09/21 13:20   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

  2010年9月12日  


土曜日は仕事だったので、20時頃帰宅後すぐに夕飯を済ませ、24時には自宅を出発です。


ここのところ南アルプス方面から遠ざかっていたので、今回は思い切って行くことに。

・・・で、甲斐駒ヶ岳(2967m)に登ってきました〜

仙丈ヶ岳に以前登ってから3年ぶりなので、薄ら記憶でなんとか芦安の駐車場に到着。

やはり土曜日から登っているだろう登山者の車でけっこういっぱい。

バス停に一番近いところに駐車できるスペースを見つけて、しばし仮眠。

4時半頃起きると、もう他の登山者の方々の準備する音が外から聞こえて、あわてて我が家も準備。

軽く朝食を食べて、すぐに5:10始発のバスに乗り込んでまずは広河原まで小1時間揺られます。

乗っている間、睡魔におそわれる度にすごい揺れで目が覚めます。

朝焼けがまっかっかですごかった〜 残念ながら写真は撮れず・・・
画像



そして、6:50発のバスに乗り換えて、7:20頃に北沢峠に到着。

ここを起点に“甲斐駒ヶ岳”や“仙丈ヶ岳”へそれぞれ登っていきます。
画像




ゆっくり準備していたら・・・あらら30名ほどいた他の登山者の方々はどんどん出発して行き、

我が家が最後になってしまいました〜 

7:30、まずは、“駒仙小屋”方面に歩いていきます。

途中、甲斐駒・仙丈を開拓した?長衛さんのレリーフにご挨拶〜 
画像



15分ほどで“駒仙小屋”に到着。ここは以前“長衛小屋”だった?・・・・

テント場が目の前にあって快適そうです。
画像



そして橋を渡って、沢沿いを進みます。
画像



まずは仙水峠へ・・・
画像



こんな不安定な橋なんかも越えて・・・
画像




沢沿いのゆるやかな道を進みます。
画像



30分ほどで“仙水小屋”に到着〜 この小屋は完全予約制なので、泊まる時は注意!
画像




水も豊富です。沢からひいてるので、冷たくて美味しい!!
画像



休憩はせずに小屋の裏を進みます。

こんな樹林帯をどんどん行くと・・・・急に視界がひらけて・・・
画像



目の前に巨岩の壁!!
画像



今度はこのゴロゴロした巨岩を登って・・・
 
岩だらけで歩きにくい  
画像



少しずつ色づき始めた木々。
画像



仙水峠が見えてきました〜!! 左前方には“摩利支天”も!
画像



だんな様、テンション上がって激写中〜
画像




仙水峠からの展望。雲は多いですが、かろうじて鳳凰三山が見えそう?
画像




5分ほど休んでから、先に進みます。ここからは急登の連続  

ズンズン登る・・・ 
画像




今日は雲が多くて、風も時々吹き抜けるので比較的涼しいです。

雲がきれて、甲斐駒の山頂方面が見えてきました。 ひゃ〜!ほんとに白いな〜

画像



そして・・・次の目的地“駒津峰”が前方に。
画像



足元のお花に癒されながら・・・
画像


青空も見えてきて・・・もう秋の空だな〜
画像



なんと!富士山も顔を出してくれました。 手前には鳳凰三山。
画像




最後の急斜面を登りきり・・・
画像



10:15、“駒津峰”2750mに到着〜 

残念ながら、ガスってしまい、展望望めず。
画像



10分ほど休んで、山頂に向かいます。まだまだ先は長い〜

一旦下って、また登る・・・振り返ると、今居た“駒津峰”。後続の登山者 の人達も。
画像



段々道が険しくなってきました 
画像



こんな巨岩を通り過ぎると・・・ここが“六方石”かな???

画像



こんな看板が。ここから巻き道コースと直登コースに分かれます。
画像




もちろん私は巻き道コースをチョイス。だんな様は直登コース。

ここからは分かれて「山頂でね〜 」と、別々の道へ。
画像



だんな様と別れてすぐに、「え!!ここ下るん 」みたいな絶壁を下ります。

巻き道っていいながら、簡単ではなさそうな気配・・・少し樹林帯を進むと、ひらけます。

後ろを振り返ると、先ほど居た“六方石”
画像



画像



お〜  直登コースのだんな様が見えました〜 
画像



南アの女王、仙丈ヶ岳も見えました!
画像



こんな細い道をトラバースして・・・
画像



振り返ると、今通ってきた道に登山者も。
画像



“摩利支天”との分岐。右手に見えているのが“摩利支天”
画像



ここから左手に山頂を目指しますよ〜 

でも、傾斜も急だし、花崗岩の白砂がすべってちと歩きづらい  

山頂も見えてきました〜あとひとふんばり〜 
画像



こんな奇岩を見ながら???何に見えますか?ヘビ?かめの頭?
画像



そして・・・11:55、ちょいバテしながらも山頂に到着〜  

一足先に着いていただんな様にバテ顔撮られちゃいました 
画像



山頂には祠があります。信仰登山で開山されたそう・・・
画像



バテましたが、しっかり記念撮影〜  
画像


やっとお昼です。喉がカラカラだったので、日帰り山行恒例のゼリーで喉を潤します。きょうはグレープフルーツ。

凍らしてきたので、冷たくて美味しかったです。他にお稲荷さんやお菓子など・・・
画像



肝心の展望ですが、山頂ではガスってしまいあまり見られませんでした。

もう一回、記念撮影をして、すぐに下山です。

画像



山頂に残っていたのは我が家ともう一組の家族のみ。

そうです。バスの最終までに北沢峠に戻らないと行けないので・・・最終はたしか15:30?だったはず。

急に焦りはじめて、ダッシュで下ります。
画像


こんな所は慎重に・・・
画像




画像




ほとんどトレラン  
画像



あっという間に〜じゃないけど無事に“仙水峠”まで下ってきました〜

1時間かかるところを45分で。でもまだまだ北沢峠への道は続く〜〜〜 

最後に甲斐駒クンをパチリと写して「またね〜」
画像



そしてまたどんどん下って・・・

北沢峠のバス停に15:28分に到着。ギリギリセーフでバスに乗れました 

広河原からは乗り合いタクシーで。結局、芦安の駐車場に着いたのは、17:00。

中央道の渋滞にもどっぷりはまって帰宅。さすがに疲れました 

でも、甲斐駒ヶ岳はやっぱりいい山でした。今度は泊まりでもいいな〜


↓ブログランキング参加中です。クリックしてくださると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日帰りで甲斐駒なんてすごいですねゥ
お二人の健脚には脱帽です

山頂ではガスっていたようですが、全体的にはいい山行でしたね。

僕の方は結局フリーバカンス中に山へは行けませんでした。
最近、僕よりしらりんの方が高気圧かもヌ

僕も一度登ってみたいと思っています。

燧ヶ岳の山行報告も楽しみにしています
のむのむ
2010/09/22 18:55
日帰りでは、バスの時間を気にしながらの下山なので、けっこうキツイです。
でも、登ってて変化に富んだ道なので楽しかったですよ〜

のむのむさんは山に行かれなかったんですね・・・
自然を相手だと、休みと天気の相性がよければサイコーですけど。

燧ケ岳も日帰りではキツかったかも・・・?
マッキー
2010/09/26 12:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
甲斐駒ヶ岳に登ってきました! 猫とピアノと山のぼら〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる