猫とピアノと山のぼら〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 命の終わり

<<   作成日時 : 2010/11/02 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先月の台風の日。


私は仕事で、某コンサートホールにいました。休憩できる時間にふと携帯を見るとメールの着信が。


なにげなくメールを見ると、だんな様から「ユキが昨晩亡くなった・・・」とのこと。


「ユキ」とは・・・だんな様の実家で飼われていたネコ。24年もの間家族の一員として生きてきたネコ。


人間の歳で換算すると、きっと100歳は超えていると思う・・・・


ここ数年は、眼も見えなくなりよろよろと歩く姿を見守ってきました。


仕事を終えて、夕方に実家で「ユキ」と対面して、最初に思ったこと。


「ここまでよくがんばったね・・・」あとは涙しか・・・




「ユキ」はメスの三毛猫で、性格は・・・はっきり言ってキツイ。絶対に触らせない。少しでも手を側に近づけると


「ふ〜っ!!!」と怒ってネコパンチが飛んでくるほど。普段はにらみをきかせながら歩く女番長みたい・・・


なので、たま〜に膝に乗ってくるとかわいいのですが、ここで調子にのって手を出すと、またネコパンチが・・・


そんなキツイ「ユキ」ですが、しなやかな身のこなしや細くてきれいな尻尾、美しい三毛模様が大好きでした。


                   ↓生前の「ユキ」 
画像


生きている時は触らせてもらえなかったので、冷たくなってしまった身体をなでてあげました・・・


24年も生きて、長生きしてくれてありがとう。立派な大往生です。


最後のお別れをして実家を後にするとき、見送るもう一匹のネコ「こと」がほんの少し寂しそうに見えた・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
命の終わり 猫とピアノと山のぼら〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる